あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

三環系抗うつ薬(TCA)適応障害

概要

セロトニン、ノルアドレナリンなどの神経伝達物質を、神経細胞が再取り込みする作用をふせぐ働きがあります。そのため、セロトニンやノルアドレナリンの量が増え精神が安定します。セロトニンの分泌量が増えることで、うつ状態がやわらぎます。

他の治療法に比べての優位性

SSRI、SNRIなどの抗うつ薬と比べると効果が強いとされる薬のため、ほかの抗うつ薬で効果が出ない場合に使用を勧められます。

実際に治療を受けた方が選択した理由

捉え方次第と考え方次第で自分自身の気持ちも変わるという事が分かったためです、

留意すべきこと

効果があらわれるまで時間がかかるとされています。また効果が強い反面、副作用が多くあります。

実際に感じた効果

認知行動療法とは、自分の生活の中で起こった事象に対して、初めて感情を抱いた感情を紐解くという事です。 誰かに酷いことを言われて、悲しくなったとかの気持ちを書き出して、悲しい事実だけではない事を探しだしさ

副作用と対策

抗コリン作用

便秘、口渇、胃部不快感などの症状があらわれることがあります。

症状が重い場合は医師に相談しましょう。同じ作用を持つ薬の中でも抗コリン作用の出方には差があるため、薬の変更を検討することがあります。

こちらには代表的な副作用を記載しております。具体的な薬剤の副作用はこちらからご確認ください。『処方薬』のお薬検索

実際に感じた副作用

ありませんでした。

費用

※現在調査中です

実際にかかった費用

半年で2万円

一般的な所要時間

症状が緩和するまで続けます

適用される患者

適応障害で強いうつ症状があり、SSRI、SNRIで効果がみられない方

下記の方は適応をさけましょう。
緑内障の方、肝臓や腎臓が悪い方、躁病やてんかんをもつ方

更新日:2016年10月26日

参照元:(厚生労働省みんなのメンタルヘルスhttp://www.mhlw.go.jp/kokoro/know/disease_adjustment.html(閲覧日:2015年9月24日),適応障害原田誠一日本評論社日本評論社2011年,医薬品医療機器総合機構Pmdahttp://www.pmda.go.jp/(閲覧日:2015年9月24日))

治療ノートは診療ガイドラインや厚生労働省のウェブサイトからコンテンツを作成しております。情報の正確性、治療法の選択肢の幅には細心の注意を払っておりますが、間違いを見つけた方、別の治療法をご存知の方は、お問い合わせフォームよりお知らせ下さい。実際の治療は医師とよく相談したうえで行ってください。

体験談をさがす

三環系抗うつ薬(TCA)の体験談

治療法ごとに体験談をさがす