あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

日光角化症(光線角化症、老人性角化症)

日光角化症とは

日光角化症は、皮膚の表皮細胞が紫外線によるダメージを受けておこるごく早期の表皮内がんの一種で、皮膚がん前駆症ともいわれています。罹患率は年々増加していていますが、早い段階で治療すれば完治が可能です。放置すると有棘細胞がんに進行することがありますので、早期の発見や治療が大切です。

症状と原因

顔や首、腕、手の甲など日光に当たりやすい場所に発生します。赤くまだら状のシミのような発疹ができます。痛みや痒みなどの自覚症状はほとんどありません。

体験談

体験談を見るにあたって

主な治療法は、手術や凍結療法による外科的治療と、塗り薬による薬物療法になります。
がんが顔面に発生している場合は、まず塗り薬「イミキモド」を塗布する薬物療法を行い、効果が不十分な場合に手術や凍結療法を行うこともあります。
どの治療法を選択するかは、病変部の場所や数、年齢、からだの状態などから判断されますので、医師とよく相談しましょう。
日光角化症は通常のシミやいぼと見分けがつきにくいため、気になる場合は皮膚科医の診断を受けましょう。

現在日光角化症の体験談はありません

今まさに病気と闘っている方のために
あなたの体験談をご投稿ください。

関連する病気