あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

先端巨大症(アクロメガリー)

先端巨大症とは

成長ホルモンの過剰分泌により、容姿の特徴的な変化と代謝異常をおこす病気です。額やあご、手足の先端など体の一部が肥大化し、多くは頭痛や高血圧、多汗などの症状をともないます。男女比はなく同様に発症するとされています。

症状と原因

症状は少しずつ進行するため見逃されることが多いですが、最初は以前より手や足が大きくなった、顎が突出してきたなどの体つきの変化で気づくことが多いとされます。

体験談

体験談を見るにあたって

先端巨大症の治療には外科手術、薬物治療、放射線治療があり、第一選択の根本治療は手術ですが、手術ができない場合や効果がない場合に薬物治療、放射線治療と選択枝を広げていきます。
治療法の選択には年齢、症状の程度、合併症の程度、腫瘍の大きさ、副作用、効果の程度などが考慮されます。手術前に腫瘍を小さくするために薬物治療を行ったり、薬物治療に効果がない場合は多剤を併用することもあります。

現在先端巨大症の体験談はありません

今まさに病気と闘っている方のために
あなたの体験談をご投稿ください。