あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

食道アカラシア(食道無弛緩症、アカラシア)の体験談

術後、一部制約はありますが、何でも食べられるようになり、つまり感もほぼなくなりめした。今回治療を受けて本当に良かったです。術後の副産物として仕方ないですが、現在逆流性食道炎の治療中で通院しています。

患者との関係:本人患者:40代女性治療時期:2017年7月

食道アカラシアとは

アカラシアとは、食道と胃のつながり部分にある下部食道括約筋(LES)という筋肉の機能が障害されることによって狭窄がおきる病気です。
通常、LESは食物を食べるとゆるみ、食道から胃に食物がスムーズに流れるようにします。また、胃で食物が消化される時は、LESは収縮して胃の内容物が逆流してこないようにする働きがあります。
つまり、LESの機能が障害されるアカラシアという病気では、常にLESが収縮した状態にあり、食べ物が食道から胃に流れなくなるため、食道に食べ物がいつまでもたまってしまいます。そのため、食べ物が飲みこみにくい、つかえた感じがする、吐いてしまうといった症状がでることがあります。また、LESの異常な収縮による、胸の強い痛みを感じる方もいます。
アカラシアの方は、胃から逆流した食物などが、あやまって肺に入り、誤嚥性肺炎をおこす危険があります。また、食道がんを合併することもあります。この病気は内視鏡やバリウム造影検査などで診断しますが、画像から読みとれる食道の最大の横径(拡張度)から3分類に、形状(拡張型)から3分類に分けられ、重症度が決まります。

食道アカラシアの症状

満足度

現在定期通院中のため

副作用

治療履歴

2017年7月 POEM
同 10月から2ヶ月 タケキャブ服用
同 11月から ラペプラゾールNa10mg服用

病気と症状について

肺炎と胸膜炎になり、その治療経過をみるためのCTから見つけてもらいました。
肺炎もアカラシアによる誤嚥性肺炎でした。
それまでも5年ほど食事のつまり感、夜就寝後逆流に悩まされていましたが、まさか自分が…という考えでした。
大学病院を紹介され、POEMをすすめられて手術を受けました。
それまでの苦しみから解放されるのなら、と迷いはありませんでした。

参考:食道アカラシアにかかった他の人の症状は...?

大変関心があり、ぜひとも受けたいと思っていました。自分の健康...

(続きを読む)

なぜ経口内視鏡的筋層切開術(POEM(Per-Oral-EndoscopicMyotomy))を選んだか

術後、一部制約はありますが、何でも食べられるようになり、つまり感もほぼなくなりめした。
今回治療を受けて本当に良かったです。
術後の副産物として仕方ないですが、現在逆流性食道炎の治療中で通院しています。

経口内視鏡的筋層切開術とは

口から入れた内視鏡で、食道の内側の筋肉(輪状筋)を観察しながら、食道から胃に向かって下方に切開していく治療法です。これにより広がりの悪かった食道が徐々に広がるようになります。麻酔は全身麻酔で行われるため飲食の制限がかかることもあります。手術後は食事がとることができるとされています。

「経口内視鏡的筋層切開術」の概要

経口内視鏡的筋層切開術(POEM(Per-Oral-EndoscopicMyotomy))の効果について

POEM
私は退院後、腸の調子が整うまで1週間ほどかかりました。
その後は制約を守りながらではありますが、問題なく食事出来ています。
定期の内視鏡検査でひどい逆流性食道炎になっていると言われ、タケキャブを約2ヶ月服用後、再度内視鏡検査を受けた結果、改善されていました。
薬の服用は必要とのことでラペプラゾールを現在飲んでいます。
2ヶ月おきに通院予定。

治療期間

入院期間 3週間(術前検査含む)

治療に関する費用

入院 約80,000円、薬 約10,000円

副作用について

逆流性食道炎

食道アカラシアを患っている方へのアドバイス

アカラシアは羅患者が少なく、情報があまり得られませんでした。
実際、10万人に1人といわれる病気で、私がPOEMを受けた大学病院も私で40例目とのことでした。
食後のつまり感以外、生活には支障はなく、周りからみれば、どこが悪いの?というふうにみえると思います。
ただ、この『つまり感』や『夜中の逆流』は場合によっては息ができないくらいの時もあり、このまま窒息死するかもと思ったこともありました。
しかし、それが何故かは分からず、相談も出来ずにいました。
病名が告げられてからは治療法を調べることも出来ましたが、それまでは1人で考えてきました。
もっと早くに見つけられてたら…と治療を受けて思います。
同じような症状で悩んでいる方がいらっしゃったら、少しでも参考になれば幸いです。

参考:食道アカラシアを経験した他の人のアドバイスは...?

自分の症状をそれぞれどんな風にして受けることができるか、自分...

(続きを読む)

※ 自覚症状や副作用、治療の効果には個人差がありますので、複数の体験談をご覧いただくことをおすすめします。

治療ノートの編集方針

掲載日:2017年12月19日
気になる点を報告