あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

発表! 2015年下半期の治療ノートコラム「ベスト10」 栄えある第1位は…?

より幅広く役に立つ情報をお届けすべく、2015年9月からスタートした治療ノートコラム。治療を受ける際に必要な知識や、意外と知られていない医療制度などをご紹介してきましたが、とりわけご好評いただいた記事の「ベスト10」をまとめました! 読み逃していたものなど、この機会にぜひご覧ください(ランキングはPV数を元に算出しています)。

発表! 2015年下半期の治療ノートコラム「ベスト10」  栄えある第1位は…?


【第1位】

病気やけがで労務不能になったら「傷病手当金」を申請しましょう


思わぬ病気やけがで働けなくなる可能性は、誰にとってもゼロではありません。そんな時のためにぜひ知っておいてほしい制度=「傷病手当金」についての解説記事が多くのユーザーにご高覧いただき、今年度のPVランキング1位となりました。

https://www.c-notes.jp/articles/14


みなさまからの声

「こういう制度があったんですね。日本は知ってる人だけが利用できて知らない人は損をする仕組みに感じます」


「ちゃんと治療・療養するためにも、使える制度は自分で把握しておかないとね!」


「自分も病気になるまでは分かりませんでした。会社から言われて申請させて頂きました」




【第2位

うつ病の方とはどう接するべき? 周囲が心がけておくべきポイント


うつ病の方に対して周囲はつい「元気出して」「がんばって!」といった言葉をかけてしまいがちです。周囲の理解やサポートが不可欠なうつ病に対して、どんな接し方をすればよいか、留意すべきポイントをご紹介しました。

https://www.c-notes.jp/articles/58


みなさまからの声

「仕事としては最低限必要なことができない人を、どうやってうつにせず叱るか? 難し過ぎます」


「これ以上がんばれないから、症状が出ているのを理解してもらえたら嬉しいですね」


「僕はうつ病になったことがありますが、ただ寄りそってもらうだけがよかったです。それをしてくれたのはうちのネコでした。すーっと寄ってきて、いつのまにか抱っこされている。それがいいのです」




【第3位

救急車、呼ぶべき? 相談センター「#7119」に問い合わせましょう


過剰な出動要請が増えている救急車。病気やケガをした時、果たして救急車を呼ぶべきかどうか…。判断に迷った時に頼れる相談ダイヤル「#7119」についてご紹介しました。

https://www.c-notes.jp/articles/2


みなさまからの声

「現場はパンクしております。特にご高齢の方がいる家族や、施設職員に知って欲しいと思います」


「いつも、どんな時に呼べば良いのかわからない…『こんなことで救急車を呼んだのか!』と思われるのも嫌だし、命に関わるようなことかも知れないし…」


「救急車の使い方、気をつけてほしい。大切な命を助けるために」




【第4位

うつ病など精神疾患の医療費を軽減!「自立支援医療制度」とは?


人間関係のストレスなどで精神疾患を患う方が増加しているなか、苦悩されている方の手助けとなりうる「自立支援医療制度」について、その概要や申請方法などをご紹介しました。

https://www.c-notes.jp/articles/13


みなさまからの声

「私も5年ほど前から利用しています。今までは月1回の通院だったけど、先月から月2回に増えました。でもこの制度のおかげで負担は少し増えただけで済みました」


「私も利用しています。いま、ちょうど更新手続き中です。これがなかったら治療をやめていたかもしれないです」


「ありがたい制度ですね。苦しいって言葉を受け止めてもらえる世の中になって欲しい…」




【第5位

果敢に乳がんと闘った川村カオリさん、今も切実に響くそのメッセージ


ミュージシャン、女優、モデル、DJ、デザイナーなど多方面で活躍しながら、乳がんの再発・転移により2009年に38歳の若さでこの世を去った川村カオリさん。作品展の開催を機に、あらためて川村さんの足跡とメッセージをご紹介しました。

https://www.c-notes.jp/articles/51


みなさまからの声

「取り上げていただいてありがとうございます。 (作品展を)今日見に行ってきました。 久しぶりにかおりちゃんに会えて嬉しかったです」


「シェアします。なんでこんな病気があるんだろ(>_<)」




【第6位

早くも流行中! インフルエンザ対策必見サイト集 2015年秋冬版


今年は流行シーズンが早まっているインフルエンザ。こちらの記事では、ぜひチェックしておきたいインフルエンザ関連のお役立ちサイトを厳選してご紹介しました。これからの流行の本格化に備えて、あらためてご一読ください。

https://www.c-notes.jp/articles/47


みなさまからの声

「今年は流行が早いですね。予防接種いかなきゃ…」


「インフルエンザは早めの対策が大事です。とにかくうがい手洗い!」




【第7位

耐え難い不安や恐怖心―― 人々は「パニック障害」とどう向き合ってきたのか?


罹患率は男女問わず100人に1人といわれている意外にも身近な「パニック障害」。その症状や治療法など治療ノートに寄せられた体験談からご紹介しました。


みなさまからの声

「私も長年パニック障害と付き合っています。付かず離れずの関係です」


「なかなか周囲の人々にはわかってもらい難い病気のひとつのように思います」


「時間はかかりますが、投薬と、自己調整ですね。規則正しい生活、睡眠は大事ですね」




【第8位

患者さんのための安心制度=「高額療養費制度」について


医療費の自己負担を軽減できる「高額療養費制度」、その概要とメリットをご紹介した記事です。同一世帯で合算、過去2年分までさかのぼって申請可能なので、申請し忘れていた方もぜひご活用ください。

https://www.c-notes.jp/articles/10


みなさまからの声

「母親が胃ガンの手術をした時にこの制度のお世話になりました。ありがたい制度ですね!」


「私も高額医療費給付してもらった。ホンマ、助かりました」




【第9位

負けないで! ZARD 坂井泉水さん、子宮頸がんなど病魔に挑んだ日々


来年デビュー25周年を迎え、再び熱い注目を集めているZARDのボーカル・坂井和泉さん。こちらの記事では、子宮筋腫、子宮頸がんなど、輝かしいキャリアの裏にあった闘病生活、そして2015年末に開催される記念イベントについてご紹介しました。

https://www.c-notes.jp/articles/82


みなさまからの声

「忙しさに負けて検診をサボってました。坂井さんの年齢に近くなり辛さを改めて実感しました。婦人科系だけでなく全ての病気の早期発見撲滅。再発防止に繋ぎたいですね」


「怖いので、毎年ガン検診してます!」




【第10位

知っておきたい「ヘルプカード」の役割と注意点


介助が必要な方をスムーズに手助けする、とりわけ“目には見えない障がい”を持った方にとっては心強いツール「ヘルプカード」についてご紹介した記事です。介助する側も知っておきたい概要や注意点など、ぜひ覚えておいてください。

https://www.c-notes.jp/articles/31


みなさまからの声

「ヘルプカードができたことは聞いてましたが、調べたことがなかったのでありがたいです!」


「まだまだ一部の地域にしかなく、マタニティカードと同じように広げてほしいですね」


「やっと発信してくれた。ありがとうございます! 感謝です!」



  _________________



以上、2015年下半期の記事ランキングベスト10でした。


特徴的な傾向としては、1位にランクインした「傷病手当金」をはじめとした、意外と知られていない(でも患者さんが知っておくと非常に有益な)医療制度についてや、うつ病・パニック障害など精神疾患に関する記事(体験談や周囲の接し方のポイントなど)、また川村カオリさんなど果敢に重病に挑んだ著名人の記事がとりわけ高い関心を集めました。


また、インフルエンザなど季節系の流行疾患に関する情報もみなさまから「参考になりました!」とうれしいお声をいただきました。これまでのご愛読に深く感謝するとともに、より一層、有益な記事作りに邁進してまいりますので、引き続き「治療ノート」をよろしくお願いいたします!


治療ノートではみなさまからの治療体験談もお待ちしております。詳しくは下記リンクをご覧ください。



著者情報

治療ノート編集部
治療ノート編集部です。患者さんが知っておくべき、有益な医療情報を随時お届けします。みなさまからのご意見やご要望お待ちしております。