あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

質問するログイン

乳がんの手術費用はどれくらい?費用や保険のアドバイスを経験者にうかがいました - 乳がん体験談(1)

もし乳がんと診断された場合、一体いくらお金が必要?保険はどこまで適応されるの?…入院、手術が必要な場合、突然の出費を捻出することは容易ではありません。ここでは、実際に乳がんを経験された乳がん経験者の皆様のお話から、その治療法や平均的な費用、具体的なアドバイスをご紹介していきましょう。

掲載日:2017年02月16日

乳がんの手術費用はどれくらい?費用や保険のアドバイスを経験者にうかがいました - 乳がん体験談(1)

乳がんの治療法とその負担額


一口に「乳がんの治療法」と言ってもその種類は様々です。

放射線治療から外科的な手術、ホルモン治療…

お医者様と相談して、しっかりと選択をしていかなければなりません。

ここでは、投稿された体験談に沿って、実際に必要となった治療とその内訳をチェックしましょう。




【乳房切除術の平均的な費用】

一般的な費用:約650,000円(3割負担の保険適用時)

腫瘍(しこり)が3cm以上ある場合に選択されることが多いです。

がんの再発のリスクが低くなるほか、がんの取り残しのリスクはほとんどありません。

治療ノート(乳がん・乳房切除術)より



(60代女性の場合)
■入院費:300,000円
■抗がん剤投薬:30,000~60,000円
■薬剤:5000円(1ヶ月分)

《なぜ乳房切除術を選んだか》
抗がん剤や放射線治療を長引かせると体力が奪われてしまうのと、髪の毛が抜ける期間が長くなるストレス、何より母、本人が「胸より命が大事」との一言で早い治療を望んだので。
https://www.c-notes.jp/diseases/breast_cancer/experiences/2063





【放射線治療の平均的な費用】

一般的な費用:25回で総額約30万円(3割負担の保険が適応となります)

がんとその周辺のみを治療する局所療法です。

乳がんは比較的放射線が効きやすいがんのひとつといわれています。高エネルギーのエックス線を乳房にかけることで、がんの塊や微小ながん細胞を死滅させることができます。

治療ノート(乳がん・放射線治療)より



(40代女性[部分切除+放射線治療])

■手術と入院で38万円
 放射線治療1回4800円を24回
 毎月の薬代ホルモン療法と抗がん剤の服用で約3万円を3年間
 半年に一度の検査が約2~3万円
 2年に一度のペット検査5万円

《なぜ放射線治療を選んだか》
退院後、毎日土日以外、2分ほどの照射のために通院するのがしんどかったから
https://www.c-notes.jp/diseases/breast_cancer/experiences/7443



乳がんの検診で突然の告知に突然の出費。

早期発見、早期治療を必要とするがんとの戦いは、時間との戦いでもあります。

実際に病気と向き合った皆様からのアドバイスは一体どんなものなのでしょうか?





乳がん経験者からのアドバイス


保険や貯金など、元気な頃は全く他人事だと思っていました。その部分をどう今健康な人に伝えていいのか分かりません。病気になってから前向きでいるのも大事だと思いますが、出来ればまずは前向きに生きて欲しいので…
そんな時、躊躇なく治療に専念できるような「備え」は、実は大切なのかもしれませんね。(40代女性)
https://www.c-notes.jp/diseases/breast_cancer/experiences/7486



告知されたときはまず「お金どうしよう」だった。保険や限度額認定証の助けもあってなんとかやってこれたが、がん=即死はランクによって違い、死の宣告を受けなければ、慢性疾患として長いお付き合いを覚悟しなければならない。

…(中略)…病気になる前に、保険の見直しと病気になった後の暮らしを想定してのお金のありかたを考えておかないと大変である。(40代女性)
https://www.c-notes.jp/diseases/breast_cancer/experiences/7507



私の場合、若い時にがん保険に入っていたので、費用面では本当に助かりました。出費したものは、ほぼ保険でまかなえました。がん保険には、ぜったいに入っていて損はありません。(50代女性)
https://www.c-notes.jp/diseases/breast_cancer/experiences/7512



手術や治療費ばかりか、入院をすることになればお仕事を休んで治療に臨まなければなりません。

そんな時に万全の状態でしっかりと治療に専念できるように。

いざという時の備えも、しっかりとしておくことが大切なのかもしれませんね。



※体験談はあくまでも個人の見解です。自覚症状や副作用、治療の効果には個人差があります。

著者情報

治療ノート編集部
治療ノート編集部です。患者さんが知っておくべき、有益な医療情報を随時お届けします。みなさまからのご意見やご要望お待ちしております。