あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

子供が患いやすく、毎年80万人が受診するロタウイルス感染症。体験談から学ぶ症状・治療法とは?

毎年、乳幼児(0〜6歳ごろ)を中心に1〜4月に流行し、特に2〜3月に多く発生するロタウイルス感染症。ノロウイルスと同じウイルス性胃腸炎です。ノロウイルスほど世間では耳にする機会は少ないですが、強力な感染力を持っているため、罹ってしまうと下痢や嘔吐が激しく現れ、入院に至ることも。この記事では、ロタウイルスの概要と体験談に寄せられたコメントをご紹介します。

掲載日:2017年01月23日

子供が患いやすく、毎年80万人が受診するロタウイルス感染症。体験談から学ぶ症状・治療法とは?


5歳までにほとんどの子供が患う病気、ごくまれに大人も。


前述でも触れた通り、乳幼児期(1〜6歳ごろまで)にかかりやすい病気で、5歳までにはほぼすべての子供がかかります。感染力が強く、初めて感染した時に強く症状がでます。

5歳までの急性胃腸炎の入院患者のうち、約半分はロタウイルスが原因で、決して甘く見れない病気です。死亡例も確認されており、日本国内で毎年2〜18名が亡くなられています。


2度目以降も感染しますが、通常2度目以降は重症化しません。成人にも感染しますが、軽症で終わったり、発症しなかったりすることが多い様です。


では、具体的な症状とはどのようなものなのでしょうか。




どんな症状か? 


症状の現れ方


突然、嘔吐あるいは下痢から始まります。便が白色になることがあります。通常1週間以内で下痢は軽快します。発熱、呼吸器症状を伴うこともあり、下痢の回数が多いと脱水症状が現れ、治療が必要です。  まれですが、けいれん、脳症、腸重積(腸管の一部が腸管腔内に入り込む)を伴うことがあります。

Yahoo!ヘルスケア ロタウイルス下痢症のページより


ではこの病気、どうやって対処すれば良いでしょうか。実際に治療ノートに寄せられた体験談からヒントを探っていきましょう。




【体験談紹介】どんな症状でしたか?


突然の嘔吐、高熱からはじまり半日程たってから下痢もはじまりました。だんだん水分も取れなくなった為、夜中に救急病院を受診しました。その時には口びるも乾燥し体もグッタリしていた為、緊急入院となり点滴治療がすぐはじまりました。(10代以下男性のご家族)

https://www.c-notes.jp/diseases/rotavirus_infection/experiences/6802



1歳10ヶ月の息子です。最初は発熱、鼻水、咳の風邪症状でかかりつけの小児科で診察を受けて抗生剤の入った処方箋を貰いました。

その日の夜から下痢が始まり、次の日には朝から下痢が頻発し、水状で色もほぼ白に近い白っぽい緑色(薄い黄緑)だったのでそのオムツを持ってもう一度、かかりつけの小児科へ行きました。ウイルス検査をして、ロタウイルスと診断されました。(10代以下男性のご家族)

https://www.c-notes.jp/diseases/rotavirus_infection/experiences/6319



夕食時、元気がなくあまり食べられずおかしいと思っていると、その後嘔吐と下痢をしました。夜中も何度も起き、嘔吐していたので、翌日小児科へ連れていきました。

地域的にロタウイルスが流行していたこともあり、肛門に綿棒を入れて検査をしたところ、ロタウイルスと判明しました。乳児が罹ることが多く、小学生(10歳で罹りました)にもなると罹ることは少ないと言われました。(10代以下女性のご家族)

https://www.c-notes.jp/diseases/rotavirus_infection/experiences/4969




【体験談紹介】治療法と、その効果について


【なぜ経口補水液を選んだか】
ロタウイルスには水分補給が一番大事であると言われ、最初は小さじ一杯からはじめ徐々に増やしていきました。水分がとれる様になってからは治るのが早かったです。

【経口補水液の効果について】
入院2日目から経口補液を小さじ一杯からはじめ嘔吐がなければ10分後にまた一口と少しずつ増やしていきました。水分がとれたので次の日には退院し自宅で引続き水分補給。退院した日の夜には解熱しました。下痢が完全に治るまでは6日間でした。(10代以下男性のご家族)

https://www.c-notes.jp/diseases/rotavirus_infection/experiences/6802



【なぜ整腸剤を選んだか】
なるべく下痢止めは使いたくなかった事と、経口補液は全く飲んでくれなかったので、1日3回の整腸剤が決め手だったと思います。

 便の回数と体温が記録できる熱計表と、大量のオムツ、事前に集めていたオムツの袋がオムツ換えシートや布団に敷く敷きパッド替わりになったので助かりました。使った後のオムツ袋はすぐに捨てられます。


【整腸剤の効果について】
ロタウイルスと診断を受けた当日から3日目までが便回数も10回以上でオムツ漏れも酷かったです。4日目から10回以下になりましたがオムツ漏れは防げず、本人もおしりのかぶれが痛そうでした。5日目の夜からバナナ1本食べれるようになりました。

次の日の朝から食べたいものを少しずつ食べれるようになりました。便回数は56回と少しずつ減ってきました。

診断受けてから1週間後には、普段通りの食欲と元気を取り戻しましたが、1日の下痢は13回となり、完全に下痢が落ち着いたのは2週間経ってからです。

息子のロタウイルスは1回で終わりましたが、当時産まれたばかりの娘がロタウイルスに掛かった時を心配していたのでワクチン接種しました。その後、3回ロタウイルスに掛かりましたがどれも軽度で済みました。(10代以下男性のご家族)

https://www.c-notes.jp/diseases/rotavirus_infection/experiences/6319



【なぜ整腸剤を選んだか】
ロタウイルスは体への負担が大きいけれど普通のウイルス性の胃腸炎と同じで治療法方が特にありませんでした。

【整腸剤の効果について】
 薬を処方されて当日は眠るに眠れなかったです。翌日も下痢はひどく、便も白く症状は特に変わらず。二日目のお昼に痛みが和らいできて、ようやくやわらかいうどんを食べれるようになりました。そして食べたら下すぐらいで、常になにをしてても出る症状は収まりました。三日目以降は下痢・痛みが徐々に緩和され5日目で完治しました。(10代以下男性のご家族)

https://www.c-notes.jp/diseases/rotavirus_infection/experiences/5025




【体験談紹介】病気で悩んでいる方へ


うつし合わないために

●トイレを流す際は蓋を閉めて流す
●キッチンハイターを薄めたもので患者が触ったものを拭く


といった行動を取った方がいいと思いました。我が家はそれを怠ったので、後日訪問してくれた友人にうつしてしまいました。

ちなみにですが、ポカリスエット等普段飲まないので、家にはなく買いに行くのが億劫で辛い思いをしました。粉末のものを常備しておくと急な病気に便利だと思いました。

https://www.c-notes.jp/diseases/rotavirus_infection/experiences/5025



兄弟のいる方はワクチン接種をお勧めします。 息子がワクチン未接種でロタウイルスに掛かった時は、娘はまだ産まれたばかりでした。授乳に看病…下痢は昼夜問わず出るので、息子は寝不足と腹痛で常に不機嫌。堪らず、親に助けを求めました。

娘がロタウイルスに掛かった時、息子と同じ意気込みで看病に取り掛かりましたが、ワクチン接種のおかげでお腹の風邪みたいで全く手が掛かりませんでした。 ロタウイルスに掛かった時、使い捨てのオムツ換えシートや敷きパッドとゴム手袋は必ず用意して下さい。

オムツの袋が重宝します。買い物袋を広げたものや、大きめのビニール袋を使うとも有りかと思います。捨てるだけなので処理が簡単です。兄弟がオムツ使用中なら、おしりふきも別々にした方が良いです。

汚れた床やカーペットを綺麗にした後にスプレー殺菌するウイルス殺菌専用スプレーが活躍します。 下痢が続く間は必ず洗濯も別々で専用洗剤で殺菌・熱湯洗濯して下さい。因み私は、専用洗剤買うまでは台所用の泡漂白剤を数回プッシュしました(殺菌効果は不明ですが娘には移りませんでした)。(10代以下男性のご家族)

https://www.c-notes.jp/diseases/rotavirus_infection/experiences/6319



ロタウイルスにかかったら水分補給が一番大事だと思います。嘔吐がある時には水分も取れませんが、軽くなってきたら一口ずつからこまめに飲み、脱水症状にならない様に注意。水分がある程度とれる様になったら、お粥などお腹に優しさ食べ物から食べれば回復も早くなると思います。(10代以下男性のご家族)

https://www.c-notes.jp/diseases/rotavirus_infection/experiences/6802



体験談は以上です。


※ 体験談はあくまでも個人の見解です。自覚症状や副作用、治療の効果には個人差があります。




治療法は?


現在、病気にかかった後の有効な治療法はありません。体験談にもあった通り、脱水を防ぐため水分補給と栄養を補給することが重要です。脱水症状がでた場合には点滴が必要になります。


また現在、日本ではノロウイルスと違い予防のためのワクチン接種が可能です。2種類(単価、5価)のワクチンがあり、任意での接種が可能です。対象者は乳児。


単価(2回接種)は生後6〜24週まで、5価(3回接種)は生後6〜32週までです。どちらも14週6日までに1回目の接種が推奨されています。(このワクチンは、以前に腸重積症を患った・起こしやすいお子さんは接種できません。)


※詳しくは医療機関にご相談ください。




感染を広げないためには?


患者の汚物(嘔吐物・排泄物)に大量のウイルスが含まれています。症状が収まった後、しばらくは患者の便からウイルスの排出が続きます。日常から手の衛生を保つことも重要です。


また、感染の拡大を防ぐために以下のポイントが重要です。


● すばやく適切に処理する!
● 乾燥させない!
● 消毒する!

SARAYA ロタウイルス感染症とは? より



以下のサイトに準備するものや、対処の仕方の詳細が掲載されていますので、参考にしてください。


http://family.saraya.com/kansen/rotavirus/

http://www.maruishi-pharm.co.jp/med2/disinf-rota-virus.html


もし疑わしい場合がある場合は、すぐに病院に行ってください!



参考情報:

ロタウイルスに関するQ&A(厚生労働省)

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/Rotavirus/

ロタウイルス感染症(ロタウイルス胃腸炎)(KNOW・VPD)

http://www.know-vpd.jp/vpdlist/rota.htm

ロタウイルス感染症とは(感染症・予防接種ナビ)

https://kansensho.jp/pc/article.html?id=IF00000036

ロタウイルス感染症とは?(SARAYA)

http://family.saraya.com/kansen/rotavirus/

感染症情報 - ロタウイルス(丸石製薬)

http://www.maruishi-pharm.co.jp/med2/disinf-rota-virus.html

 ロタウイルス下痢症(YAHOO!ヘルスケア)

https://medical.yahoo.co.jp/katei/250437000/?disid=250437000


著者情報

治療ノート編集部
治療ノート編集部です。患者さんが知っておくべき、有益な医療情報を随時お届けします。みなさまからのご意見やご要望お待ちしております。