あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

ピア・カウンセリングとピア・スタッフ〜「聞きたかった!メンタルヘルスのはなし」第24回〜

この連載コラム著者の「ピア・サポーター」黒川常治さん。でもよくよく考えてみたら「ピア」って何だかわからない…。これは「同じような経験をしている仲間=当事者」の意味です。連載コラム『聞きたかった!メンタルヘルスのはなし』最終回の第24回は、ピア・サポーターの黒川さんに精神疾患患者の回復の一助の「ピア・カウンセリング」「ピア・スタッフ」についてご紹介いただきます。ご意見ご感想もお待ちしております!

ピア・カウンセリングとピア・スタッフ〜「聞きたかった!メンタルヘルスのはなし」第24回〜


「ピア」とは?


精神保健福祉の現場では精神疾患患者の回復の一助として「ピア・カウンセリング」やピア・スタッフによる「ピア・サポート」がおこなわれています。


「ピア」というのは英語のpeerで直訳すると「同等・同格の人」「仲間」となります。この場合では「同じような経験をしている仲間=当事者」という意味で使われています。


私自身、ピア・スタッフとしてピア・サポートをしております。




「ピア・カウンセリング」とは?


「ピア・カウンセリング」は癌(がん)患者同士でも行われたりしますが、精神保健福祉では精神疾患を持った同士でお互いの自立活動のためにおこなわれます。


同じような症状、同じような副作用、同じような生きづらさを経験してる同士こそ分かり合える「会話」が一定のルールのもと安心して話すことができるのが特徴です。


そこに体験者としての問題の解決例を聞くことであったり、問題との向き合い方を学んだり、自分の言葉にできなかったモヤモヤした思いを言語化できる機会でもあります。


「カウンセリング」というと、分析や助言・指導をもらうことを想像しがちですが、ピア・カウンセリングは有資格者のおこなうカウンセリングとは違い、主に自分の発言と傾聴による共有、不安の軽減、そして新しい気づきを得られることを主に目的としています。


僕も「ピア・カウンセラー」としても活動していますが、たまにそれを知らない方に勘違いされ「有資格者のカウンセラー」と思われ、カウンセリングをしてもらいたいと言われることがあり、誤解のないよう「ピア・サポーター」と名乗るようにしました。


また「ピア・カウンセリング」には一対一でおこなうものと、グループで行われるものがあります。先ほどの一定のルールというのは主にグループでで行うもので決められています。それでは「一定のルール」とはどんなものでしょう。




グループ活動の際の「一定のルール」とは?


まずは対等であることの分かち合いです。


お互いの存在を脅かすようなことはあってはなりません。発言内容も誰か個人を攻撃、誹謗・中傷、批判するような内容は話してはいけません。


そして、その発言に対しても批判、批評、否定することはNGです。反応はうなずきなどで返します。安心して話ができる場のためのルールです。


また時間も対等です。1人の人が長く話しすぎたりしないようにします。人の話に割り込むこともしてはいけません。


また、宗教や政治のはなし(特に勧誘など)、アダルトや性的な話をしないなどのルールもあります。セクシャリティや男性ならでは、女性ならではの悩みもあるので、性別を限っておこなわれるグループ・ピア・カウンセリングもあります。


言いっ放し、聞きっぱなしの場であることも重要なルールです。その場で話されたことは他の場で蒸し返したりしない約束です。安心して悩みを話すことができるためです。


また言いたくないことは言わなくても OK です。しかし誰かに依存するのはいけません。


これらのルールを保持するため、進行役やタイムキーパーがいる場合もあります。




一対一のピア・カウンセリングについて



それでは一対一のピア・カウンセリングの場合はどうでしょうか。


主に電話相談などがあります。片方が相談し、もう片方が聞き役となります。どちらも当事者というのが特徴です。聞き役は“傾聴”が基本です。そしてどんな気持ちであったか“聞き出す”テクニックを用いる場合もあります。


ただし、基本聞き役もアマチュアです。共感や知っている情報の提供、自分の場合の話を返すのが限度です。専門的な相談はできかねます。また聞く方も疲れます。時間は1回20分が区切りと思ってください。


話の相談ていうのは「がっつり聞き出してもらいたい」という場合と、「聞いてもらうだけでいいから」という場合、具体的な解決例を聞きたいなど、そのニーズは様々です。またピア・カウンセラーのあり方も様々です。そこは理解しておいてください。


それでも、当事者の共感を得られることの安心感は大きく、ピア・カウンセリングの効果はある程度あると思います。それで“救い”をえられることもあります。




どこで行われているの?


グループ・ピア・カウンセリングは自助グループ(セルフヘルプ・グループ)や地域活動支援センターなどの場でプログラムの一環としておこなわれることが多いです。


一対一は同じく地域活動支援センターの中でおこなわれるか、電話相談の一部でおこなわれています。


そんな地域活動支援センターや就労継続支援事業所などでピア・サポートをしているのが「ピア・スタッフ」です。定義は「当事者」というだけです。ボランティアの方もいれば、給与をもらうピア・スタッフもいます。どちらにも守秘義務などはあります。




ピア・スタッフの役割、仕事内容は?


全国でもピア・スタッフは増え続けているようです。


しかし、ピア・スタッフがする職務内容は様々です。ピア・カウンセリングを主に運営する人もいれば、福祉の専門的な支援の一員として活躍している人もいます。


ピアとしての役割というのも「これだ」というものはありません。


僕が思うのは「支援の一員」でいること。それが大事だと思っています。そこにある当事者としての気づきが何らかの形で支援に活かされればいいと思っています。その活かされ方も様々だと思います。


また「ピア・スタッフになりたい!」という声も多く聞かれます。


実は一般に募集されることはまだ少なく、「一本釣り」と呼ばれる直接の誘いが多いのが実情です。


また千葉県では都道府県では初めて「ピアサポート専門員」養成講座を開いており、修了した方には「修了証」を県知事の名で発行されます。


今までボランティアとしてのピア・サポーターの養成講座を行う自治体はありましたが、「専門員」として行うのは千葉県が初めてです。この講座では医療機関などで働き「ピアサポーター専門員」として就職することを支援してくれます。


このように「ピア」という当事者の自助というのは現在とても注目されており、ピア・サポートも数々の研究が始まっています。


ひとりで悩んでいて相談に困っている場合は「ピア・カウンセリング」から入るのも選択肢のうちの一つです。


前回のコラムはこちら


〈第1回はこちら〉

〈一覧はこちら〉


※ご意見・ご感想は下記問い合わせフォームよりご投稿ください

https://chiryonote.wufoo.com/forms/aaaa/



※編集部註 

今回で黒川さんの連載、最終回となります。皆様、今までお読み頂きまして誠にありがとうございます。黒川さんよりメッセージが届いておりますので、以下でご紹介致します。



黒川常治さんより


連載コラム「聞きたかったメンタルヘルスの話」をはじめて一年が経ちましたが、ここで区切りを置くことになりました。世界の情勢や社会は日々変化します。メンタルヘルスを取り巻く状況も変化していくことでしょう。そんな日々にも僕が残した言葉や情報の種たちが、今後のみなさんのメンタルヘルスについて「気づき」や「きっかけ」になれば幸いです。それではまたどこかでお逢いしましょう。感謝と期待と希望を込めて、さようなら。



+

プロフィール

黒川常治(くろかわじょうじ)
黒川常治(くろかわじょうじ)
1969年東京生まれ。グラフィックデザイナー、社会福祉法人巣立ち会・ピアスタッフ、ピアカウンセラー。株式会社DHC在籍時はロゴマーク、健康食品のパッケージデザインを担当。メンタルヘルスの啓発活動や講演活動も行う。著書:「焦らない,諦めない.」(やどかり出版)「当事者からの50のヒント+α」(PDF電子書籍 http://www.dlmarket.jp/products/detail/245569)