あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

質問するログイン

食事療法で大切なことは?「彩ダイニング」で制限を気にせずおいしい食生活を

糖尿病や腎臓病などで、主治医に食事制限をするように指示され、病院で管理栄養士に食事指導を受けたものの、実際にどのように制限すればいいのかよくわからない、あるいは数値などの計算が面倒… など、後ろ向きな方も多いことと思います。手軽で、しかもおいしい食事制限法があればーー。ここでは管理栄養士が食事制限の秘訣、そして手軽でおいしいとっておきの方法をご紹介します。

この記事のあらすじ

  • 糖尿病・腎臓病の食事療法のポイントは?
  • 制限食でもおいしくて手軽な宅配弁当が人気です
  • 今なら初回注文10%オフキャンペーン実施中!
食事療法で大切なことは?「彩ダイニング」で制限を気にせずおいしい食生活を


40歳以降で発症率が高まる糖尿病、対策は…?


こんにちは! 栄養士の佐藤彩香です。


食欲の秋が間近に迫った今日このごろですが、しっかりご飯たべてますか? 食生活、乱れてませんか?


あるリサーチでは、20~50代の働き盛りの方々はラーメンやそば、うどん、カレーライスといった味の濃い主食、食器ひとつで済むような食事の頻度が高く、結果的に塩分を摂り過ぎてしまっているそうです(おおよそラーメン1杯に6~7g、カレーライス1杯には2~4gの塩分が含まれています)。


塩分を摂り過ぎると体内にナトリウムと水分を蓄えることになり、血圧が上がります。すると腎臓に負荷がかかり、糖の再吸収などの機能も阻害され、結果として糖尿病を誘発することになるのです。


特に、糖尿病は男女ともに40歳以降から発症率がぐっと高まります。


また、お弁当とカップラーメン、チャーハンとラーメンというのような“主食重ね”をしている方も多いそう(これでは生活習慣病まっしぐらといっても過言ではないですね…)。治療ノートには生活習慣病の治療に関して以下のような体験談が寄せられています。


脂質異常症/30代男性の奥様より

外食の多かった夫が人間ドッグで総コレステロール値が221、中性脂肪が235と高く「脂質異常症」と診断されました。生活習慣病は、今までの不摂生の結果です。どこも痛くないからと放っておいては危険です。 


糖尿病/40代男性

私は軽度の状態だったので、治療方法も薬やインスリン投与などはせず、生活習慣の改善でなんとかできました。思うに、これは早期発見と毎日の食事をどれだけ気にできるかだと思います。


暴飲暴食してる人は中高年になったときしっぺ返しをくらいますし、今現在中高年の方は異常がなくても見てもらったほうが良いと思います。


脂質異常症/20代女性

意識するまではひどい食生活を送っていたと思います。肉ばかりで野菜を食べなかったり、インスタント食品をとっていることが多かったです。


そういう意味では病気になったのは生活を改善するよい機会だったと思います。




要注意! コンビニ食とファストフード


体験談にもあるとおり、生活習慣病対策としては日々の食生活がとても重要なポイントとなりますが、その手軽さゆえコンビニやファストフードを利用している方も多いのではないでしょうか? ここではそのメリットとデメリットを見ていきましょう。


何より「手軽さ」がナンバーワン!

第一に“利便性”が選ばれる理由かと考えます。大都市には至るところにコンビニがあって、24時間営業のお店も多いので、食べたいときに好きなものを食べられることは日々忙しい方には大きなメリットといえるでしょう。


また、次々に投入される新商品も魅力的で、ついつい足しげくお店に通ってしまいますよね。


コンビニ・ファストフードの気になる点

好きなものだけ選んで食べてしまうこともあって栄養バランスが乱れやすいことが挙げられますが、私が食事において重要視している「添加物」と「出汁」に関連してお話します。



添加物について


私が食品を選ぶ際に気を付けているのが「添加物」。健康に良い安全な食品と、危険な食品との違いを見極めるポイントが、“食品添加物が入っているかどうか”です。


原材料名を見ると、ご飯、鶏肉、食塩、砂糖など馴染みのある食材と、PH調整剤、ポリリン酸 Na などあまり耳にしない難しそうなものが載っています。わかりやすく言うと、自分で揃えることが難しそうな後者が食品添加物です。


添加物は、悪性が強いものから弱いものまでさまざまありますが、身体にいい作用をするのはありません。一般的に、ひとつの食品から摂取される食品添加物は微量で、それにより病気になるとは考えづらいと言われています。しかし、長期間にわたって食べ続けることで体内に蓄積され、「疲れが取れない」「身体が重い」「イライラする」など、さまざまな不定愁訴につながります。


コンビニ弁当やファストフードは、おいしさが長持ちするように多くの食品添加物を加えています。中には発がん性のリスクを指摘されている合成添加物もあります。まずは添加物の摂取を少なくしていくことを心がけてくださいね。



出汁について


しっかりと出汁(だし)にこだわっているコンビニやファストフードはそう多くはないと思います。しかし出汁にはより料理をおいしくし、味に深みを与えるだけでなく、栄養分も豊富で健康にすごく良い食材なのです。


特に鰹(かつお)のような、海を猛スピードで泳ぐパワーとスタミナを持つ魚から取れる出汁には「疲労回復」「アンチエイジング」を促す成分=クレアチンが多く含まれています。


クレアチンはアミノ酸の一種であり、筋力アップやスタミナアップなどの効果があり、最近では世界でトップを競うアスリートにも注目されている成分です。疲労が抜けやすいことやアンチエイジングをすることは、生活習慣病予防によい影響を及ぼします。


また、日本料理のように繊細な味付けや上品で優しい味わいが求められる料理には、その出汁の種類や取り方が大切になってきます。


しっかりと出汁を取り、旨みを引き出すことにより、味つけを多くしなくて済むので減塩につながります。その結果、高血圧などの生活習慣病の改善にも役に立ちます。塩分過多が日本食の課題となっているので、塩の代わりに出汁を効かせることが改善策のひとつとなるでしょう。


この点を踏まえると、手軽で便利なコンビニやファストフードですが、栄養バランスを含め食品添加物などさまざまな懸念があります。頻度と栄養価を考えて、賢く利用してくださいね。




手軽でおいしい! 「宅配弁当」という選択肢


さばの塩焼き(カロリー・塩分調整コース)


食事制限は必要だけれど、毎日仕事や家事で忙しいし、なかなか料理に割く時間もないし…。そんな方にご紹介したいのは「制限食の宅配弁当」という選択肢です。


中でも著名な高齢者向け宅配弁当「宅配クック123」から生まれた「彩(いろどり)ダイニング」は、糖尿病、腎臓病、高血圧など食事制限が必要な方のための宅配食で、栄養士として以下のような理由でおすすめしたいお弁当です。


制限食でありながら味にこだわり、和食を中心に鰹と昆布の出汁を使っていること

天然の由来の添加物を使用していること

(使用する食材にもともと入っているものは除きます)

・色鮮やかで、食欲が沸きやすいこと

・種類が豊富で選びやすいこと

・管理栄養士がメニュー監修していること

・自宅まで配送可能で、手軽であること




本当に手軽でおいしいの? ホンネで試食レビュー!


「彩ダイニング」のお弁当が本当に手軽でおいしいのかを裏付けるために、実際にお弁当を試食させていただきました。


全30種類というバラエティ豊かな「彩ダイニング」のメニューの中から、「カロリー・塩分調整コース」で人気の海老のチリソース、豚肉のトマトソース、さばの味噌煮、回鍋肉、そして「たんぱく・塩分調整コース」で人気のビーフストロガノフ、トラウトサーモンの塩焼きの6つのお弁当を試食させていただきました(写真は盛り付け例です)



海老のチリソース(カロリー・塩分調整コース)

「プリプリ海老と辛さを抑えたチリソースが絶品です。副菜のブロッコリーは、意外と嫌いな方が多い食材ですが、たまごあんをからめておいしくいただけます。ナムルのごま油(植物性油脂)はビタミンの吸収を良くしてくれます」


豚肉のトマトソース(カロリー・塩分調整コース)

「やわらかい豚肉と甘みのあるトマトソースは相性抜群です。副菜のほうれん草の胡麻和は)胡麻を使うことで風味とうまみが増すので、塩分を少なくすることができます」


さばの味噌煮(カロリー・塩分調整コース)

「味噌でやわらかく煮たホッとする一品です。実は私はちょっと魚が苦手なのですが、臭みもなく味噌味で食べやすかったです。副菜は菜の花のお浸しなど。お浸しにすると減塩になり、ビタミン補給にもなりますね」


回鍋肉(カロリー・塩分調整コース)

「中華料理の定番。野菜とお肉でジューシーに調理されています。副菜の小松菜はプロビタミンAが豊富で、おかかであえて苦手な方でもおいしくいただけるでしょう」



ビーフストロガノフ(たんぱく・塩分調整コース)

「肉の臭みがなく、野菜も食べやすい大きさでやわらかく煮込んであり、とてもおいしいです。副菜のグリーンアスパラとコーンは彩りが良く、ほんのりとしたバター風味で脂っぽくありません。ソテーすることで油性ビタミンの吸収が良くなるメリットもあります」


トラウトサーモン塩焼き(たんぱく・塩分調整コース)

「ふっくらと焼き上げた減塩の塩焼きです。副菜のくず切りと野菜の炒め物はつるんとした触感がおいしく、くずはからだを温める効果があります。いも類もエネルギー源になりますし、バターが風味とエネルギー量を増やします」



それぞれのお弁当は主菜と副菜あわせて4品で、電子レンジで温めやすい大きさのトレイに入っています。主菜は主に肉や魚ですが、肉や魚の特有な臭みはありません。また、冷凍食品にありがちな温めた時の水っぽさもありません。


カロリーを調整したい方の多くは、食事で摂取するエネルギーの量が消費するエネルギー量より多いことと、甘いものや脂肪の多い食品を採り過ぎるという、食事の量と質に問題があります。


そこで空腹を我慢することなく、満足感が得られるようにさまざまな食材を使い、4品の料理で栄養バランスをとりながら、出汁を効かせて香辛料を使用したり、味にメリハリがあります。素材の味を大切にする細かな心配りにとても好感を持ちました。




「彩ダイニング」にこれから期待されること


これからも少子高齢化社会が続いていくことは間違いありません。膨れ上がる医療費が問題となっていますが、私たちがやらなければならないことのひとつは「予防」の考え方を広め、生活習慣病などに罹患する方を一人でも少なくしていくことです。


予防のためには、冒頭にも述べましたが、食事は切っても切り離せないトピックです。


「彩ダイニング」のような機能的で便利な宅配食は、今後ますますニーズが高まっていくことは想像に難くないでしょう。


現在も全30種類という豊富なメニューが用意されていますが、飽きないための工夫、例えばシーズナリティ(季節性)を意識したメニュー開発など、多様化するニーズに応えていくことが期待されます。


糖尿病、肥満症、高血圧症、動脈硬化症、高脂血症といった疾患を抱えている方をはじめ(予備軍も含む)、ダイエットしたい方(あるいはダイエットが続かずリバウンドを繰り返している方)にもおすすめの「彩ダイニング」。健康維持のために、今日からはじめてみませんか?




今なら初回注文が10%オフに!


「彩ダイニング」を初めてご注文いただく方限定特典として、通常価格より10%オフになるお得なキャンペーンを実施中です(2016年11月30日まで)。


下記のお申し込みボタンから、この機会にぜひ一度「彩ダイニング」をお試しください(キャンペーン適応のために、ご注文時にクーポンコード「cnotes」を入力してください)

プロフィール

佐藤 彩香(さとうあやか)
佐藤 彩香(さとうあやか)
栄養士/予防医学士。栄養士として、企業や保育園を経験。現在はスポーツ選手、子供を持つ親御さん、身体にお悩みを抱えた方など約2,000人の方々と関わる。“予防”という考えのもと、実践に結びつく食事方法を紹介。三食の食事を3回のチャンスと捉えてもらえるきっかけ作りをする「あなたのかかりつけ栄養士」として、さまざまなフィールドで活動している。http://s.ameblo.jp/aya0802080/