あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

高齢者の肌を床ずれやオムツかぶれから守るには? スキンケアクリーム「リモイスバリア」のすすめ

寝ている時間が長く、オムツを使用しているおじいちゃん・おばあちゃんのいちばんの悩みといえば、床ずれ(褥瘡・じょくそう)やオムツかぶれではないでしょうか? 本人はもちろん、お世話をしているご家族や周囲の方にとっても苦しんでいる姿を見るのはつらいもの。そこで今回は、高齢者のデリケートなお肌をトラブルから守るスキンケア対策を考えます。

掲載日:2016年07月05日

この記事のあらすじ

  • 高齢者のオムツかぶれや褥瘡は、皮膚のバリア機能の低下が一因
  • 乾燥や刺激から肌を守る保湿クリーム「リモイスバリア」が人気!
  • 無料サンプルの請求も可能です
高齢者の肌を床ずれやオムツかぶれから守るには? スキンケアクリーム「リモイスバリア」のすすめ


なぜ、床ずれ(褥瘡)やオムツかぶれになるの?


本来、人間の皮膚表面の「角層」には「バリア機能」があり、体内の水分の蒸発を防いだり、アレルゲン(アレルギーを引き起こす原因となる花粉、ダニの死骸、ホルムアルデヒドなど)や微生物などの侵入を防いでいます。ところが高齢になると「バリア機能」が低下するため、床ずれ(褥瘡)やオムツかぶれなどの皮膚トラブルが起こりやすくなるのです。


皮膚の乾燥も床ずれの要因に


床ずれのことを医学用語では褥瘡(じょくそう)といいます。「褥」は「ふとん」、「瘡」は「おでき」。要するに「寝ている間にできるおでき」という意味です。ふとんやベッドのマット、車椅子などと接触する部分の皮膚が長時間圧迫されることによって血流が悪くなり、皮膚が死んだ状態になってしまうのです。


高齢者に床ずれが起きやすい理由の一つが、体内の水分の蒸発を防ぐ機能の低下による「皮膚の乾燥」です。皮膚が乾燥すると少しの外的刺激でも影響を受けやすくなるため、ふとんに肌がこすれただけでも皮膚がはがれてしまうのです。



排泄物の刺激でオムツかぶれに


オムツかぶれは、オムツを着用した部分に起こる接触性皮膚炎で、主に次の3つの原因があります。高齢者の肌は、「アレルゲンや微生物などの外的刺激の侵入を防ぐ機能」が低下していて、かぶれやすくなっています。


1.便や尿(排泄物)との接触

便には酵素や大腸菌などの腸内細菌が、尿には体内の老廃物などが多く含まれています。これらが肌を刺激し、肌にダメージを与えます。


2.尿や汗によるムレ

オムツは漏れを防ぐ構造になっているため、オムツの中は汗や尿の水分によって高温多湿な環境です。この環境は肌をふやけさせ、ふやけた肌は傷つきやすくなります。


3.拭き取りによる摩擦刺激

オムツ替えの際に汚れを落とすとき、ゴシゴシこすって拭き取ったり洗ったりすると、肌を傷つけてしまいます。傷ついた肌は、排泄物の刺激や菌、ムレの影響をさらに受けやすくなります。




お肌にトラブルが起こる前に予防することが大切です


床ずれの場合、長時間同じ体勢にならないよう、寝ているときは最低2〜3時間おきに体の向きを変えましょう。車椅子の場合も長時間座っているとおしりの血のめぐりが悪くなるので、座るのは1時間以内にしましょう。また、自力でおしりを持ち上げられる人は、15分に1回程度おしりを浮かせるとよいでしょう。


オムツかぶれの場合は、排泄のたびにオムツを交換する、汚れを落とす際にはこすらずにやさしく拭いたり洗ったりする、おしりをいったん乾かすなど、常に肌を清潔な状態にしておくことが予防につながります。


また、肌の乾燥を防ぐことも大切です。オムツを替えるときに、保湿成分配合のクリームなどを塗ってあげると良いでしょう。




乾燥や刺激からお肌を守るスキンケアクリーム「リモイスバリア」


高齢者の肌トラブルに悩む人たちの間で話題となっているのが撥水性保湿クリーム「リモイスバリア」です。


リモイスバリアは、皮膚に撥水性(水などを弾く機能のこと)の保護膜をつくり、便や尿を皮膚に直接触れさせないようにするスキンケアクリームです。保湿成分も配合されているので、肌の乾燥を防ぎ、しっとりなめらかな肌に保ちます。


リモイスバリアは保護膜を作り、保湿しながら肌を守ります


また、リモイスバリアは肌に近い弱酸性なので、pH緩衝能(酸やアルカリが接触した際、元のpHに戻そうとする能力)により、アルカリ性にかたよりがちな便や尿の強い刺激から肌をやさしく保護します。

使い方は簡単。適量(100平方cmに対してさくらんぼ小粒大/約2g)を指先に取って皮膚に塗り、クリームの乳白色が目立たなくなるまで均一に伸ばします。塗るときの伸びがよく、塗ったあともベタつかず、サラサラの使用感です。通気性があり、ムレにくい環境を保ちます。


また、リモイスバリアの販売元であるアルケアは、医療機器の品質保証のための国際標準規格である「ISO13485」を取得している医療機器・医療消耗材料メーカーなので、安全性も折り紙つきです。


〈リモイスバリアの特長をまとめると・・・〉

1. 肌に撥水性の保護膜を作る

2. pH緩衝能でアルカリ性の刺激を中和してくれる

3. ベタつかず、サラサラの使用感! 


リモイスバリア(左レギュラー160g、2,300円、右ミニ50g、1,300円)



ご家族もリモイスバリアの効果を実感


リモイスバリアはAmazonで購入することができます。高齢者や要介護者のご家族が感想を投稿していますので、一部ご紹介します。


・カサカサしているところに塗るのに、良いです。おばあちゃん用に買いました。前には、病院の薬局で買っていたのですが、ここで買えて、助かっています。

・病院でも使用している信頼できる商品です。乾燥肌はもちろん、化粧の下地にもいける位しっとりして伸びが良いですね。大事に使ってます。

・父の乾燥肌の痒みも落ち着きました。すごい威力です。老人性の痒みから解放されます。

Amazonレビューより)


手荒れ対策として皮膚科医にすすめられた方、“自分用”に使用しているという介護職の方も。手荒れが切実な職業の皆さんが口を揃えておすすめしていることからも、効果のほどがうかがえます。


・手荒れがひどくて皮膚科医にすすめられて使い始めてから手放せません。

・老人ホーム勤務の介護士です。職業柄、日に何度も何度も手を洗ったりで手がガサガサ、パックリ割れてしまったりと、残念な手肌の状態でした。そんな時に職場の看護師さんにすすめられ、購入。使い始めて数週間で、手肌荒れが軽減され、基本的に手の皮膚が強くなったように感じます。気を抜いて使わなくなると、また荒れてきてしまうので、手放せません。定期購入を申し込みました!

Amazonレビューより)


〈リモイスバリアの使い方〉



やさしいケアで快適な毎日を


高齢者のデリケートな肌をスキンケアクリームでやさしくガード。なめらかな使い心地と使用後のしっとり感は、ケアされる人だけでなく、ケアする人も笑顔にしてくれます。


下記リンクから無料サンプルの請求もできますので、ぜひお試し下さい。

https://www.alcare.co.jp/remois/sample/ 


参考情報:

リモイス バリア(アルケア)

http://www.alcare.co.jp/remois/lp/

[98] 床ずれはどう防ぎ、どう手当てするか-褥瘡のケアで大切なこと-(循環器病情報サービス)

http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamphlet/general/pamph98.html#m1


著者情報

治療ノート編集部
治療ノート編集部です。患者さんが知っておくべき、有益な医療情報を随時お届けします。みなさまからのご意見やご要望お待ちしております。