あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

「死にたい」から逃れるためには… 精神疾患は遺伝する!? 〜連載コラム「メンタルヘルスのはなし」第10回〜

グラフィックデザイナーであり、ご自身の「うつ病」体験を元に講演活動なども行っているピアサポーター・黒川常治さんの連載コラム『聞きたかった!メンタルヘルスのはなし』。第10回目のテーマは、“生と死”について――。誰にも相談できず、ひとりで苦しんでいる方も多いことと思います。少し立ち止まって、黒川さんの話に耳を傾けてみてください(題字:黒川常治)

「死にたい」から逃れるためには… 精神疾患は遺伝する!? 〜連載コラム「メンタルヘルスのはなし」第10回〜


「生と死」について


今、死にたくなっている気持ちの人。


消えてなくなっちゃいたいくらいツラい人。


死ぬのをちょっと待ってください。


今、すごくツラいですよね。でも、今あなたの脳は誤作動をしていて、本当は生きたいはずなのに、その気持ちが隠れてしまっています。


必ず、解決策はあります。


ツラさから脱出できる方法があります。


すぐ助けを求めてください。近くに頼れる人がいなかったら、電話をしてください。


精神疾患と自殺・死をイメージする人も多いでしょう。


特にうつ状態になると、希死念慮(※具体的な理由はないが漠然と死を願うこと)が出てきています。


「自分は生きていても価値がない」


「自分が全部いけないんだ


「このツラさから抜け出したい」


…など、自責の念や喪失感に心が占められて、そこから抜け出せずに、さらに衝動的な感情や力があわさると最悪の事態を招いてしまうのです。


僕自身は、薬が変わった日に発作が起きて、「自殺しなければならない」という想念に支配され、救急車や支援者に助けを求めたことがあります。やはり、脳内伝達物質のセロトニンの不足などで、脳とココロと身体で誤作動が起きたようです。




自殺大国・ニッポン、汚名返上のためには…


日本は「自殺大国」です。


内閣府の調べによると平成27年の自殺者数は2万4025人。原因がわかるもののうち、健康問題が動機の自殺が半数を占めています。そのうち4割が「うつ病」と関連していると思われます(警察省の調べ)。


年齢では、40代、50代、60代が多いです。


厚生労働省の調べでは、20代30代の死因の1位は自殺です。東日本大震災に関係する自殺もまだ起きています。熊本地震もまだ収束していません。


また東京都では最近産後うつと思われる女性の自殺が増えています。決して他人事ではないですね。


もし周囲に「死にたい」「消えてしまいたい」と思っている人がいたら、その人の話に寄り添ってみてください。諭すのではなく、話を聞いてあげてください。


そして、何か具体的な原因があるのであれば、その解決方法を一緒に探してあげてください。そこまで関われない場合は、その内容にあった相談機関を調べて教えてあげてください。


【参考】
うつ病などの精神疾患、誰に相談すべき…?実は身近にいる頼れる人たち
https://www.c-notes.jp/articles/212


命を脅かす精神疾患のリスク。甘く見てはいけません。


それを防ぐには、孤立させないこと、繋がること、治療をすることです。




精神疾患は遺伝する!?


今度は死とは逆の「生」の話をします。


精神疾患になっても、やはり恋愛・結婚は深いテーマで、素敵なパートナーに寄り添っていてほしいものです。


結婚した次に迎えるテーマが「出産」です。



新しい家族を迎え入れるわけですが、精神疾患患者の方で出産を迷われていることをよく耳にします。


それは遺伝するのではないか恐れているようです。


東京都医学研究所によると、例えば知的障害の子が生まれる原因はDNAの突然変異だそうです。


また、同じ家族に複数人、精神疾患患者がいるのも遺伝というよりは、家風、気質、環境因子による影響が大きく関わっていると考えられますし、もはや心の病は誰がなってもおかしくない病気ですので(コラムの第1回でも触れております)、ひとくくりに遺伝と捉えない方が健全であると思えます。


また健常者同士の出産であっても、先天性の障がい児が生まれる可能性はあるのです。それだけ出産というものが大変なことなのだと思います。


「障がい者が障がい者を生む」と心ないことを言う人がいます。


でも、僕は親が障がい者ということで生まれた子供が障がい児だったという話は聞いたことがありません。


「子供が欲しい」と思っている精神疾患の方は、心配があったら精神科医や産婦人科などで直接相談してみることをおすすめします。新たな家族が2人をさらに幸せにし、絆が深まることを望みます。




精神疾患患者の寿命は10年短い!?


今度は「寿命」のお話です。


僕がピア・スタッフをやっている機関だけでも、心疾患などで若くして突然お亡くなりになって、お見送りした方が10人前後いらっしゃいます。


支援者や医療従事者の方で、精神疾患の方は平均寿命より若くして亡くなる方が多いと肌で感じている方はいらっしゃると思います。


最近ヨーロッパで、精神疾患の方の平均余命が10〜20年短いというデータが出てきました。ただ研究はまだまだでその原因は深く究明されていません。日本でもデータがなく、これからデータ収集・研究が始まるところです。


これは精神疾患の方の身体的健康をテーマにお話しさせていただいたこのコラムでも触れているHeAL JAPAN Initiative( http://healjapan.info/ )でもこの啓発を進めています。


僕を含む当事者は、現代の医療を甘んじて受け入れながら治療を続け、身体的健康にも配慮しながら暮らしていかなければいけません。他の病気を併発すると、身体のリスクが高まります。心の病だけでも負担なわけですから、当事者には大変ツラい問題です。


でも、この問題は今まで軽視され過ぎていました。今後、精神疾患の方にいい食べ物や精神疾患の方でも気軽にできるいい運動など、研究が深まることを願うばかりです。


今回は「生と死」という重いテーマに触れてみました。


自殺はやめてほしい、でも平均余命は短いかもしれないという板挟みのような構造になっており、書いている本人も戸惑っています。


読んでいて気が重くなった方は、少しリフレッシュすることをおすすめします。このスマホやPCから一旦離れて、冷たいドリンクなど飲んでみてください。また、この連載コラムに関する、ご意見・ご感想・ご要望などもお待ちしております



ご意見・ご感想は下記問い合わせフォームよりご投稿ください

https://chiryonote.wufoo.com/forms/aaaa/



<…第11回につづく第9回はこちら


〈第1回はこちら〉

〈一覧はこちら〉


参考情報:

東京都医学総合研究所

http://www.igakuken.or.jp/

平成 27 年 人口動態統計月報年計(概数)の概況(厚生労働省)

http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai15/dl/gaikyou27.pdf


プロフィール

黒川常治(くろかわじょうじ)
黒川常治(くろかわじょうじ)
1969年東京生まれ。グラフィックデザイナー、社会福祉法人巣立ち会・ピアスタッフ、ピアカウンセラー。株式会社DHC在籍時はロゴマーク、健康食品のパッケージデザインを担当。メンタルヘルスの啓発活動や講演活動も行う。著書:「焦らない,諦めない.」(やどかり出版)「当事者からの50のヒント+α」(PDF電子書籍 http://www.dlmarket.jp/products/detail/245569)