あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

うつ病が性機能障害、摂食障害、糖尿病を誘発?注意すべきポイントは…?【連載第7回】

グラフィックデザイナーであり、ご自身の「うつ病」体験を元に講演活動なども行っているピアサポーター・黒川常治さんの連載コラム『聞きたかった!メンタルヘルスのはなし』。うつ病で肥満・糖尿病になってしまったことを綴っていただいた前回に引き続き、第7回目となる今回もうつ病がカラダに及ぼす影響についてご紹介いただきます。黒川さんが作成された身体の不調を伝えやすくするための「身体的問題質問促進シート」もぜひご活用ください(リンクは本文末尾にあります)。

うつ病が性機能障害、摂食障害、糖尿病を誘発?注意すべきポイントは…?【連載第7回】

うつ病がカラダに及ぼす影響は?


前回、うつ病になった時、どんな状態が出るかお話ししましたが、今回は身体に出る変化や症状をお伝えしたいと思います。


精神疾患の治療をしていると、身体にもいろいろな変化や症状が出てくることがあります。精神疾患と関係ないように思えて、実は関係が深いこともあります。そして、服薬による作用・副作用の関係で起こる身体症状もあります。また、加齢、他の病気の併発との関係で現れることもあります。



体温の変化

自分の平熱を意識している方はどれくらいいらっしゃるでしょうか? 平熱が下がる、また体調が悪くなるサインとして微熱が続く、高熱が出る、なかなか熱が下がらないなど、体温に変化が生じることがあります。僕自身、若い頃平熱は36.5度でしたが、今は35度台です。体調を崩すと微熱が出るようになりました。



血圧などの変化

血圧にも変化が生じる場合があります。もともと高血圧の方は薬などへの配慮があります。また向精神薬を併用することで血圧が下がる場合があります。このことで僕は低体温・低血圧の体質になりました。フラフラになることがあります。これは新陳代謝や基礎代謝を下げてしまいます。また、血液の色々な値に変化が出てきますので、定期的な血液検査をすることをおすすめします。



体重の変化

食欲がなくなったり、食欲が出過ぎてしまうこともあります。食欲が落ちたり、食べても戻してしまうことにより、摂食障害を起こし、体重が減ることがあります。逆に食欲が止まらず、満足感を得やすい甘いお菓子や炭水化物を多く摂取し、体重が増えてメタボになる方は多いです。



眠気やだるさ

常に眠気があって体がだるかったり、夜中に起きてしまう早朝覚醒が起きてしまうこともあります。体がだるいと運動なんてする気も起きず、横になっていることが多くなってしまいます。歯を磨くこと、風呂に入ること、リモコンを取ることさえ面倒くさくなってしまいます。



のどが乾く

向精神薬の副作用として、のどが乾きやすくなることがあります。そこで甘いジュースなどを多く摂取し、尿酸値に影響する場合があります。尿酸値が高くなると痛風を発症します。また水をたくさん飲み過ぎてしまう水中毒になることもあります。



便や尿

ストレスを抱えると下痢や便秘を繰り返す人も多いかと思いますが、精神疾患になると強調されて日々の生活で苦しむ方がいます。尿意が頻発する頻尿や逆に尿が出にくくなるなど便や尿といった排便排尿機能に影響が出ることがあるので変化を見逃さないようにしましょう。



皮膚

僕もそうですが、ストレスで発疹が出ることがあります。掻いているうちに皮膚の状態が悪化したりしますので、直接的原因がわからない場合は医師に相談しましょう。また、免疫力低下により帯状疱疹になる場合もあります。この痛みや痒みはきついものがあります。これも身体のサインですので、専門医のもと治療しつつ、今の生活に無理がないか振り返ってみましょう。



糖尿病

精神疾患と併発しやすい疾病のひとつです。食欲増進による体重増加(バランスの悪い食事)、口渇感による甘い飲料の飲みすぎなどにより血糖値が上がってしまいます。自覚症状が少ないことからメタボからいつの間にか糖尿病を発症してしまっていることが多いようです。糖尿病になるとさらに身体への影響は大きくなってしまいます。



高血圧

僕は血圧が下がりましたが、血圧が高くなる方も多いです。高血圧・高血糖などになると血管・心臓などに負担もかかり、さまざまな病気を併発しやすくなります。心不全や脳卒中など大変危険な症状を引き起こしかねません。最近は病院で待っている途中で気軽に測定器で血圧を測ることもできます。常日頃から気をつけましょう。



性機能障害

実は相談しにくい症状が性機能障害です。性機能というのは男女問わずその方の尊厳に関わり、人の営みとして重要なものですが、なかなか他人に相談できるものではありません。そうしたことから、治療が遅れがちになります。オルガスムを感じられなくなることがあります。女性ですと月経異常、生理不順を起こしがちです。ホルモンバランスを崩して起きるのか、こころの不調で症状が出るのか、見極めは難しいですが、治療は双方からアプローチしていきましょう。男性は勃起しにくくなったり、性液が出なくなるといったことも起きます。そのようなことが起き始めたら、恥ずかしがることなく医師に相談できる環境が望ましいですね。



身体の歪み、痛み

精神疾患になると身体の姿勢にも変化が出ます。先ほど述べたように横になる時間が増え、姿勢の左右のバランスが崩れるなどで、怪我を起こしやすくなりもします。過緊張から肩が上がる状態が続くこともあります。また身体の一部に痛みが生じ、ぬぐえなくなることがあります。痛みがある生活は苦しいので、早めに医者に相談しましょう。



その他の身体症状

精神疾患になると薬の影響や生活習慣の変化により、自律神経のバランスが崩れ、基礎代謝や免疫力の低下などにより、さまざまな症状が出ます。僕自身もストレスには弱くなり、加齢とともに治療のために病院に通う日数が増えてしまっています。突発性難聴になり、メニエール病にもなりました。糖尿病にもなり、発熱すると解熱しにくくなりました。骨髄炎になった時はどうしてここまでなってしまうのか、と自分自身が嫌になる時もありました。でも、一つ一つ治療しながら暮らしています。


精神疾患になると精神の症状の改善が優先的になり、身体の不調の治療は隠れがちです。でも、双方からのアプローチで暮らしは改善されます。我慢しないで、諦めず医師に相談しましょう。と言っても、なかなか言いづらいものですよね。そこで身体の不調を伝えやすく・言いやすくするためのシート(身体的問題質問促進シート上掲写真)を作りましたので、下記リンクからダウンロードのうえご活用ください。このシートはみなさんのご意見をもとにバージョンアップしていく予定ですので、ぜひ忌憚ないご感想を聞かせてください。


「身体的問題質問促進シート」をダウンロード


また、この精神疾患の方の身体的健康のことを「HeAL JAPAN Initiative」では啓発しています。僕も活動に参加しています。


<…第8回につづく第6回はこちら


〈第1回はこちら〉

〈一覧はこちら〉


※治療ノートではうつ病など精神疾患の体験談を募集しております。闘病中の方のためにも下記リンクよりご投稿よろしくお願い致します。

https://www.c-notes.jp/campaigns/experiences



プロフィール

黒川常治(くろかわじょうじ)
黒川常治(くろかわじょうじ)
1969年東京生まれ。グラフィックデザイナー、社会福祉法人巣立ち会・ピアスタッフ、ピアカウンセラー。株式会社DHC在籍時はロゴマーク、健康食品のパッケージデザインを担当。メンタルヘルスの啓発活動や講演活動も行う。著書:「焦らない,諦めない.」(やどかり出版)「当事者からの50のヒント+α」(PDF電子書籍 http://www.dlmarket.jp/products/detail/245569)