あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

精神障害者の強い味方・精神科ソーシャルワーカー(精神保健福祉士)とは?

ストレス社会で近年増加中なのが、うつ病、アスペルガー症候群、認知症、統合失調症などの精神疾患です。孤立しがちなこれらの疾患をかかえる患者さん、そしてその家族や周囲の人たちを支えてくれるのが、精神科ソーシャルワーカー(PSW)といわれる精神保健福祉士です。精神保健福祉士はどのように患者さんをサポートしてくれるのか、その役割と実態をご紹介します(写真はイメージです)

精神障害者の強い味方・精神科ソーシャルワーカー(精神保健福祉士)とは?


精神保健福祉士は国家資格を持つ専門職!


ソーシャルワーカーというのは、「精神的・肉体的なハンディキャップなどによって社会の中で孤立したり、日常生活を送るのが困難な人たちが、それぞれの課題を解決して、よりよい生活が実現できるように相談に乗り援助する、専門知識と技術を持った人」のことをいいます。


そして、精神科ソーシャルワーカーは、精神保健福祉の分野で、精神障害者を対象にソーシャルワーク活動を行う人をいい、1997年に制定された「精神保健福祉法」という法律に基づいて「精神保健福祉士」が生まれました。


精神保健福祉士は、保健福祉系大学や福祉系大学、および一般系大学を終了後、(コースによって)実務経験を経て、国家試験に合格して初めて取得できる国家資格です。


※詳しくは下記の「社会福祉振興・試験センターホームページ」のリンクをご覧ください。

http://www.sssc.or.jp/seishin/index.html


精神保健福祉士とよく混同される国家資格に「社会福祉士」がありますが、こちらはサポートする対象が精神障害者と限らず、老人、障がい者、子どもなど、すべての人を対象としている点に違いがあります。




精神保健福祉士のサポートはさまざま!


では精神保健福祉士はどんな活動を行っており、具体的にどんなときにどんなサポートが受けられるのでしょうか?



サポートの対象者


● 精神障害があるが医療機関を受診していない人(自分が精神疾患かどうかの判断がつかない人も含む)

● 精神病院やその他の医療施設で医療を受けている人

● 精神障害者社会復帰施設に入所や通所している人



サポートの内容


■ 情報の提供

どうすれば適切な医療が受けられるか、どこでどのような医療サービスが受けられるかなどの情報を提供してくれます。


■ 生活訓練、作業訓練

退院後、社会生活をするうえで必要な生活技術(挨拶、身の回りの整理、金銭管理など)を身につけるための訓練や、将来就労するための訓練を行います。


■ 相談援助

通院中、入院中の患者さんが安心して治療に専念できるように援助が行われます。援助の具体例は下記になります。


● 入院が必要なケースでは病院を探す。

● 就職(就職、復職、転職)や就学、住居の確保に関する相談・助言を行う。

● 退院後、社会生活を送るうえで必要な生活条件の整備や生活技能の支援を行う(必要に応じて、精神科診療所、社会復帰施設、作業所などを紹介する)。

● 退院後、地域での生活が円滑に行えるように、関係機関(福祉事務所、保健所、社会復帰施設、作業所など)と連携をとり、必要なら訪問活動を行う。

● 経済的問題の援助―治療費や生活費に困っている場合、社会保証制度(精神科通院医療費公費負担制度の利用手続き、精神障害者保健福祉手帳の申請手続きなど)を活用して問題が解決できるよう援助する。




精神保健福祉士に出会える場所はたくさんあります!


自分や家族だけでは解決の方法がわからない問題に出会ったとき、まず頼りにしたいのは精神保健福祉士です。どこに行けば彼らに出会えるでしょうか?



行政機関


■ 精神保健福祉センター

「精神保健福祉法」によって各都道府県に設置することが定められたメンタルヘルスの拠点です。精神保健福祉士は、精神科医や臨床心理士などと協力して、精神障害者の受療や社会復帰の促進などを行っています。


■ 保健所

地域住民への普及啓蒙活動や広域調査などを行っています。



医療機関


■ 精神科病院、総合病院の精神科

主治医、看護士、臨床心理士などと連携して、入退院の援助や退院後の生活支援、病院と地域の橋渡しなどを行っています。


■ 精神科診療所(メンタルクリニック)

精神障害者が精神病院を退院後、社会生活を行いながら地域で継続して治療を受ける場所で、精神保健福祉士は他の医療機関や福祉行政機関などと連携しながら、援助を展開しています。



精神障害者社会復帰施設


精神障害者の社会復帰と自立の促進、生活支援を目的として「精神保健福祉法」に定められている施設で、都道府県、市町村、社会福祉法人、医療法人などに設置されています。


そのうち、精神障害者生活訓練施設(援護寮)、精神障害者授産施設、精神障害者福祉ホーム(B型)、精神障害者地域生活支援センターでは、精神保健福祉士を1名(以上)置くことが義務とされています。




手をこまねいているより積極的な相談を


先進国といわれているのに、こころの障害を負った人たちに対する世間の目はまだまだ冷たく、実際的な支援の取り組みも遅れているのがわが国の現状です。


しかし、精神障害者がかかえる生活の問題や社会問題を解決するための援助や、社会復帰に向けての支援を専門的な立場からしてくれる精神保健福祉士が少しずつ増えています。


彼らに相談して、一日も早い問題解決の糸口を見つけていきましょう。



参考情報:

精神保健福祉士になるには

http://psw.dct-bf.com

精神保健福祉法について(みんなのメンタルヘルス)

http://www.mhlw.go.jp/kokoro/nation/law.html

社会福祉士・介護福祉士等(厚生労働省)

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/shakai-kaigo-fukushi1/

精神保健福祉士国家試験

http://www.sssc.or.jp/seishin/index.html

2014チュートリアル通信【心理系大学院受験対策 VOL.16】(KALS大学院入試情報クラブ)

http://www.kals-net.jp/kouza/daigakuin/pdf/shinri/tutorial2014_16.pdf


著者情報

治療ノート編集部
治療ノート編集部です。患者さんが知っておくべき、有益な医療情報を随時お届けします。みなさまからのご意見やご要望お待ちしております。