あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

【第1回】ごくフツーの青年だった僕が「うつ病」になるまで

腕利きのグラフィックデザイナーとして活躍されている黒川常治さん。ご自身の「うつ病」の闘病経験を活かして講演活動などを行うピアサポーターでもある黒川さんの連載コラム「聞きたかった!メンタルヘルスのはなし」がスタート! うつ病の発症プロセスや治療について、クリニック・カウンセリングの実情や費用についてなど、私たちが知っておくべきメンタルヘルスについてのあれこれを縦横に綴っていただきます。不定期での更新になりますが、どうぞご期待ください。

【第1回】ごくフツーの青年だった僕が「うつ病」になるまで

デザイナーとして充実した日々、激務の果てに…


僕はグラフィックデザイナーとして忙しくも、充実した日々を過ごしていました。28歳の頃です。ある雑誌広告の仕事を担当することになりました。


毎月10数誌を扱う仕事です。コンセプトに基づき同じデザインを書く雑誌に展開していくのがよくある広告デザインの仕事のパターンです。ですが、この時は違いました。すべての雑誌において違うコンセプトで、それぞれのデザインで展開するやり方でした。その担当に置かれたのはコピーライターの女性とデザイナーの僕2人だけでした。そして、各誌にあったアイデアをそれぞれ出して、形にしていくのですが、話が進むにつれてクライアントのコンセプトが変わってしまうのです。その度にやり直しをして、印刷の締め切りまでそれを繰り返ししていました。とてもストレス度の高い仕事です。


夜遅くまで仕事をして、終電では帰れず、会社に泊まったり、カプセルホテルに泊まったり、タクシーで帰宅したり…。僕の生活時間軸はすっかり狂ってしまいました。


当時はポケットベルの時代ですが、家に帰れても「ピー・ピー」とポケットベルが鳴り、僕は会社に呼び戻されていました。そのことがきっかけか、電話やポケットベルなどの電子音が苦手になりました。電話が鳴った途端に右手に発疹が走ることも。徐々に僕は体調を崩していきました。じわーっとした鈍い頭痛がまとわりつくようにあり、深い睡眠もできなくなりました。




悲鳴をあげるこころとからだ。クリニックでの診断結果は?


そんな身体の不調が何週間も続いて、市販の薬も効かなくなっていたので、かかりつけの内科と皮膚科に行きました。ですが、原因はわからなかったです。医者はふと「もしかしたら自律神経失調症かもしれませんね」と言いました。


僕は、症状がどんどん重くなる中、本屋で「自律神経失調症」を調べました。チェックシートなどの項目を見ると、ものの見事に当てはまりました。そして調べているうちに出てきた言葉が、「うつ病」でした。僕は自分に起きている症状をなんとかしたいという気持ちと、原因不明で起きていることをはっきりさせたい気持ちで「メンタルクリニック」を受診することにしました。


メンタルクリニックの場所は、家と会社の真ん中あたりにある交通の便がいいところにしました。仕事帰りに行ってみると、待合室には数人いましたが、雰囲気はほかの病院と変わりませんでした。問診票に今自分に起きている症状を書き、受付に出ししばらく待ち、診察室へ呼ばれました。問診票に書いたことを詳しく聞かれて、仕事のことや、生活のことを話しました。頭痛や発疹のことももちろん話しました。そこでドクターに言われました。



「うつ病ですね。仮面うつ病かもしれません」



…このようにして僕のうつ病の治療が始まりました。




四大疾患をしのぐ患者数。精神疾患の驚くべき現状


僕のように、うつ病などで受診する患者数は年間約100万人に及びます(厚生労働省・患者調査)。またメンタルの病気には統合失調症やパニック障害、不安障害、摂食障害、依存症などたくさんあります。これらを含むと約270万人の方々が受診しています。病院で受診をしていない方を含めると、もっとたくさんの方がメンタルの病気で苦しんでいることになります。4大疾患(がん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病)よりも多い患者数となり、今ではメンタルの病=精神疾患は5大疾病のひとつとされています。


精神疾患は、糖尿病や高血圧と同じく誰でもかかる可能性があります。2人に1人は過去1ヵ月間にストレスを感じていて、生涯を通じて5人に1人は精神疾患にかかるといわれています(厚生労働省・こころのバリアフリー宣言より)。


自分だけではなく、友達、恋人、親、夫、妻、子供、兄弟姉妹、同僚、上司、部下など、自分の近くの方が悩んでいる場合もあります。そう、メンタルの病気はもはや特別なものではなく、とっても身近な病気なのです。そしてその始まりは頭痛が続く、体がだるい、なかなか眠れないなど、メンタルの病とは直接関係がなさそうな何気ない身体の不調であったりするのです。




早期治療が肝心。でも、どこを受診すべき?


「自分がまさか精神病?」と受け止めづらいこともあるかもしれませんが、もし疑いのある不調が続くようであれば早めに受診することをおすすめします。


メンタルの病は早めに気づき、受診し、早期の段階で適切な治療を受けると回復しやすいと言われています。また身近な方で「もしかしたら…?」と思って気づいたら、受診をすすめてあげてください。


でも、どこで受診すればよいのでしょうか?


「メンタルクリニック」「心療内科」「精神科病院」といろいろとタイプがありますが、受診しやすい、あるいは通いやすいところでいいと思います。内科的症状が強ければ、最初にかかりつけ医を受診して、相談することをおすすめめします。まずは自己判断で軽視せず、病院で受診することが大事です。


…第2回につづく


〈一覧はこちら〉

プロフィール

黒川常治(くろかわじょうじ)
黒川常治(くろかわじょうじ)
1969年東京生まれ。グラフィックデザイナー、社会福祉法人巣立ち会・ピアスタッフ、ピアカウンセラー。株式会社DHC在籍時はロゴマーク、健康食品のパッケージデザインを担当。メンタルヘルスの啓発活動や講演活動も行う。著書:「焦らない,諦めない.」(やどかり出版)「当事者からの50のヒント+α」(PDF電子書籍 http://www.dlmarket.jp/products/detail/245569)