あなたの体験談が必要とされています

詳しくはこちら

質問するログイン

先輩ママに学ぶ、赤ちゃん・幼児がノロウイルスにかかったら何をすべき?

毎年、冬になると猛威をふるうノロウイルス。乳幼児のノロウイルスのピークは11〜12月といわれるため、この季節十分な警戒が必要です。ノロウイルスの予防には何よりうがい・手洗いが効果的といわれていますが、赤ちゃんや幼児に徹底させるのは難しく、不安を募らせている親御さんも多いのではないでしょうか? そこでぜひ参考にしていただきたい、先輩ママ・パパからの経験とアドバイスをご紹介します。

掲載日:2016年11月21日

先輩ママに学ぶ、赤ちゃん・幼児がノロウイルスにかかったら何をすべき?


ある日、我が子に突然訪れる激しい下痢と嘔吐…


ノロウイルスの潜伏期間は24~48時間といわれています。感染してもすぐ症状が出るわけではありませんが、その後、昼夜を問わず下痢や嘔吐など感染性胃腸炎の症状があらわれます。


赤ちゃんや幼児は「痛い!」「苦しい!」など自分の様態をまだうまく説明できないため(そう、泣きわめく以外には…)、ママ・パパからすると、ノロウイルスの症状はなんの前触れもなく訪れるように感じてビックリされることでしょう。その時の様子を、先輩ママたちは以下のように綴っています。








脱水症状を避けるため、こまめな水分補給を


下痢と嘔吐を繰り返すノロウイルスには、脱水症状にならないために、こまめな水分摂取が重要です。しかし、下記の体験談にもあるとおり、赤ちゃんや幼児はうまく水を飲んでくれないことも…。




水分摂取がうまくできなければ、点滴も選択肢に






ノロにかかったウチの子、いつ治るの…?


治療ノートに寄せられた体験談を見ていくと、回復には早くても半日、長くて5日程度はかかるようです。




お薬で症状がピタッとおさまる場合も…



ナウゼリン坐剤の体験談】




なんとしても避けたい二次感染


子供が順繰りに感染し、遂には看病していた自分も二次感染に― そんな悲劇ともいえる最悪のケースを経験されたママも(泣)。これは、なにがなんでも避けたいパターンですね…。



抱っこ中の嘔吐にも要注意!





ノロウイルスへの迎撃体制を万全に


感染力が非常に強く、アルコールや熱にも耐性があるノロウイルス。約30nm(ナノメートル)と小物ながら、なかなかタフで手強い細菌なのです。


小さい子供の看病では吐瀉物・汚物の処理が必要になるので、下記のアドバイスどおり、除菌効果のある「次亜塩素酸塩」などをあらかじめ準備しておくと心強いですね。









同じ境遇のママ・パパへのアドバイス







子供がノロウイルスにかかると、深夜早朝問わず嘔吐やおむつの処理をして、それを洗濯をして、病院に連れて行って、また吐いたものを片付けて…と、とにかく休む間もないくらい大変な看病が続きます(体験談の中には“地獄と表現される方もいらっしゃいましたね…)。とはいえノロウイルスは不治の病ではなく、脱水症状にさえ気をつけていれば数日でおさまるものです。どうか数日間がんばって、ノロウイルスという苦難を乗りきってください!


治療ノートの「ノロウイルス」ページには先輩ママさん・パパさんの知恵がまだまだ詰まっていますので、下記リンクをぜひご参考にしてください。


https://www.c-notes.jp/diseases/norovirus/experiences


著者情報

治療ノート編集部
治療ノート編集部です。患者さんが知っておくべき、有益な医療情報を随時お届けします。みなさまからのご意見やご要望お待ちしております。

この記事に対するfacebookの反応

  • 子供のノロウイ- Masae KuRokawa
  • ノロウイルス、怖い感染症なんですね。軽く見ていました。 気をつけます。- 本山香織
https://www.facebook.com/chiryonote/posts/1679271408995460 から